2013年3月18日月曜日

オヨとパーティ =夜の部=

こんばんは。

またまたオヨです。


昨晩は『オヨとパーティ =昼の部=』ご覧頂きありがとうございます。

今宵は『オヨとパーティ =夜の部=』と題してお送りします。


また長くなってしまいそうなので、さくっと流し見して下さいね!


来たる3月29日の金曜日、

BOY 4TH ANNIVERSARY PARTY

渋谷のチェルシーホテル、スターラウンジにて開催します。


BOYは渋谷の系列店になりますが、

BOYがオープンしたのは2009年の2月14日、

バレンタイン生まれ。
BOY店長努めるとみおと、初期メンのタキ君。

この時とみおも若干19歳。

外観がレンガ色していた頃が懐かしいです。

もう4年も経つなんて、本当に時が過ぎるのは早いです。



今は、

昔憧れの地であった渋谷で働けて幸せという、

奈良出身の元ギャル男、ウメ君と、


そしてBOYからレディーススタイルを発信し続ける、

紅一点、ななえちゃん!

このブログをご覧の方は行った事がある!

という方も多いと思いますが、

もし、まだ行った事がないという方は、

是非足を運んでみて下さい!

お店は決して大きくありませんが、面白い物が沢山ありますよ。



BOYのイベントはただのクラブイベントではありません、、

バンドとDJの融合型!

昨年同じ場所で行われた3rdアニバーサリーは、

どのバンドもDJも盛り上がり、朝までとにかく満員でした。


お祭りごとが大好きな私は、

とにかく、もう、考えるだけで

楽しみで……楽しみで……毎日わくわくしすぎて…

今から何を着ようかとヘイトスタッフで考えております。

どうしようか、試行錯誤している真っ最中です。


パーティがあまりに楽しみ過ぎて、

思い立ったらいてもたってもいられず、

夜な夜な一人で

無駄にヘアメイクのシュミレーションをしたくらいです。


パーティと言えば、


毎年行われるヘイトナイトがやはり年に一番の力の発揮ドコロなんですが、


本日は『オヨとパーティ=夜の部=』という事で、

夜の部のファッションについてお話します。



私にはパーティルックに欠かせないアイコンたちがおります。


ずば抜けたの色彩感覚の持ち主、Anna piaggi

大好きなアンナ嬢。

元某雑誌編集長の著名なお方。


色の使い方が本当に好き。

私自身、黒のお洋服に出会って感動するような事があっても、

ダークな色は心を明るくしません。


この方の見られる意識の高さが素晴らしくて、

何より自己完結では終わらない、

オーディエンスを楽しませるパフォーマーである事。


いつだってみんなアンナ嬢のファッションに期待をしているのです。


素敵なパーティに向かうなら、そうでありたいと思います。

残念ながら去年亡くなられてしまったのですが、

今でも彼女の写真を見返してしまいます。


JOHN GALLIANOも大好き。

ガリアーノ自身がデザイナーだった頃の

ジョンガリアーノはとにかくツボでした。

今でもよくyoutubeでコレクションを見てしまいます。


そして大好きな1700年代、ロココの時代。


いやはや、明日は何乗せようかしら、


そんな事に何時間も費やしていた婦人達よ、


あっぱれ。


とにかくクレイジーでかわいいものがぎゅっとしたものって

たまらなく大好きです。

昔のパーティ写真を掘り出してみました。


最近着る機会が減ってしまいましたが、

大好きなヴィクトリアンジャケット


※顔つきが違いすぎて驚いている。

これも。



これも、



これも。


1900年?頃のコスチュームドレス、



この時は80’sのトップスに20’sのハット。


※小梅太夫ではありません。



パジャマパーティがテーマだったイベントには、

20’sのガウンとボンネット、40’sのヘッドドレス


これはトライバルトップスを逆さに来ていた気がします。

もう4~5年くらい前だった気が。



50’sと20’sのミックス。


※小梅太夫ではありません。





最近は滅多に着飾る事もなくなってしまいましたが…

たまにはやりたいなぁ~


ちなみに昨年のBOYの時はこんな感じでした。



せっかくBOYのパーティなので、

今年もちゃんとBOYらしくしてゆきます、、!




3月29日は是非チェルシーホテルに来て下さいね!



そしてBOY4THアニバーサリーを祝して、

とびきりのアイテムが店頭に登場します。

今までヘイトのレディースにはなかったような

パンチの利いたアイテムです、、!


今季バイヤー加藤のイチオシでもありますので、

是非お見逃しなく!


それではまた明日。


オヨ