2016年3月6日日曜日

My Favorite Look 2016(3/6)

オヨです。

春夏の立ち上げから一週間、

スタッフも買い物解禁デーとなり、意気揚々とお買い物してます。

暖かくなると一刻も早く春服が着たくなる。

代わり映えしない髪の毛が嫌で、今朝ピンクに染めました。

冬の間はとにかく季節感のない装いで明るい色を纏っていましたが、

今日はピンクを差し色にしたかったので、稀にみる全身黒でした。


さて、今年はヘイトの春夏立ち上げは遅めでしたが、

"プレ立ち上げ"と"本立ち上げ"のように二段階は

初めてだった気がします!


ヘイトと言えば毎シーズン押しアイテムが変わります。

1年前の同じ季節とは大分品揃えが変わり、

同じアイテムでも着こなしや提案の仕方も異なります。

それはお客様の欲しい気分を察したり、

スタッフの意見だったり、気分だったり。

なんとなく今欲しい気持ちのものとか。色んな要素を含みます。


そんな中で欠かせないコレクションのチェック。

今日は気になるメゾンをベースに、春夏着たいものをご紹介します。
※もう秋冬始まっていますが、、

今一度、今季の春夏のおさらいをします!


1番好きなブランドはと聞かれたら、

断トツぶっちぎりのGUCCIは、とにかくアツい。
ノームコアに宣戦布告。


コレクション当日は期待を胸に見た朝は、

一人スタンディングオベーション状態。涙ながして拍手を送りたい。

スパンコールにチュールにオーガンジーにリボンにトロンプルイユ

ゴールドにギラギラ。

もう120点満点です。

世界の各紙がこぞってgucciを取り上げ、

注目の的で今間違いなく一番イットな存在。

私も昨年これいかんと思って、グッチのモノグラムのバッグをヘイトで買いました。



実はレディースだけではない。

メンズのルックのレディースものが、とんでもない出来栄えなんです。

なかなか紙面では見かけないのですが、そのまま着たいアイテムがいっぱいでした。

ユーロパジャマがいい感じにハマりそうですね〜

そりゃチャイナものが瞬く間になくなるわけですね。

つい先日は秋冬も発表。こちらも好き。
なんてツボついた色なんでしょうか。

継続してこのテイストで来てくれるのは嬉しいのですが、

いい意味で裏切りも欲しい。


見たあとの感動は以前程ないので、

ああ〜次も続いたらどうしようというgucciに対する焦り。


ブランドに関しては本当に飽き性なので、今後も面白いもの期待してます〜
※何様か


そんな中、いっつも裏切ってくれるのがmiumiu
毎度予測不能でいつも見た時は好きになれないのですが、

今回ばかりはグッと来ました。こう言ったらなんですが、

私か?というくらいレイヤード魔。

ついに私の時代が来たかと思わず言ってしまう程、

ジャケットとランジェリーの面白いレイヤードでした。

実際に店頭で見て来たのですが、とても好きな感じでした。

ギンガムチェックは嬉しいなぁ。


miumiuとくれば気になるのはPRADA
柄も素材もミックスに次ぐミックス。

いつになく前衛的でした。太めのストライプも今年よく見かけました。

エアリーなスケスケはどのブランドも取り入れてますが、

なんでも透けさせたもん勝ち。なんでしょうかね。

私もスパンコールのトップスにオーガンジー重ねようかな〜


リアリティある服が沢山だったSimone Rosha
こうして並べてくるとパンチが足りない気がしてしまいますが、

一番左端の感じを髪の毛切ったらやりたい。

すっぴんみたいな質の肌も良いなぁ。


私がgucciについで好きだったのがDRIES VAN NOTEN
ピンクのブラが欲しい。

サテンに水色使いが好きすぎて、

こういうインナーが使いたいんだけどないのか?と無茶ぶりをする程。

こちらのルックを参考に、

表のアンティークのトルソーはサテン、ブラ、フューシャピンクです。


柄の派手なスカート、形は50'sな雰囲気ですが、

70'sのド派手なスカートを使うのもいいなぁ。

柄と柄のタッキースタイルの中でも上品なスタイル。


気になる一体、ランジェリーのブームはどこから?
CELINEはスリップドレスのルックが多数。

畳みシワを取り入れる面白いアイデアでしたね。
※これが許されるなら女性には嬉しいものですが、CELINEだから?


そしてお隣はChloeです。

ランジェリーブームはここからではなく、

日本のストリート文化だと思うのですが、

それを後押しするようなコレクションでした。


こちらもたっぷりランジェリー感の、Francesco Scognamiglio


CHANELはあんまり好きなルックはなかったのですが、

この青みの強いピンクが好き。ランジェリーの透け感が多い中、

シャネルはスポーティーかつスペーシーな雰囲気。

なんだかシルエットはゆるっとだらっとずどーんですが、

ほどよいエアリー感と細かい柄で品のあるエアリーさを取り入れているErdem

ヴィクトリアンのようです。



TOGA、色合いがかわいいなぁ。

秋冬を見ていてもその流れが続きそうだなぁと思います。


Dolce&Gabbanaの秋冬ももう既によい感じです。

個性的な40'sのヘッドピースがほしいな〜

私が気になっていたルックは以上です!おそらく…!

これでも書き足りない!


頭の中は春一色なので、どうぞお見立てさせてくださいませ。

わくわく止まりませんね〜


それでは明日も皆さんのお越しをお待ちしています。

今宵もお付き合いありがとうございました!

オヨでした。