2017年8月31日木曜日

2017 Autumn/Winter Style3(8/31)


 緊急事態発生、緊急事態発生!

8月31日、東京気温21度


秋にタイムスリップした模様。

直ちにニットを出陣させよ。


恋人と花火も見たし、友達と海にも行った。

夏らしい事は全部やったつもり。


朝まで騒いだフジロックは、

帰り道もう二度と行くもんかと誓うくらいくったくた。


語りきれないほどの夏の思い出。


だけどこの寒さを感じると、

夏が過ぎ去ってしまったようで恋しいと感じる。

夏よさよなら。


まさか8月に袖を通すなんてなぁと思いつつ、

顔をあげて扉を開けて、外へ出かけた。



ひんやりと頬を撫でる風。



ああ、秋が来た。。。。。。。。。。


さっきまでの夏への恋しさはどこへやら。





嬉しい。

Tシャツを来た女性を横目に、

私はとっておきの秋の服で街を闊歩する。

誰かが秋を始める前に、我先にと先陣を切るべし。


もしかしたらまた暑くなるかもしれないの。

天気予報は相変わらず不安定で私を揺さぶる。

だからこの気候は決して逃さないで。



まずはニットとスラックス。

まるで男の子みたいでしょう。


毛糸の色や質感、パンツのシルエット、小物。

定番のセットをどんな色で遊ぶか、

今年も恒例の実験を初めてみる。


このニットケーブル編みなのに色がとんがってる。

ウエストマークは冬も健在。

セーターの上からレザーベルトを2本巻きつけて、

シルエットにくびれが生まれる。


ラルフローレンのコットンニットは定番だから、

サイズも色もはずしてオーバーサイズでオレンジ。


スカートにはブルーのメタリックスカート。

どっちも主役級だけど、どっちも好き。

"明るい色を着たら片方は落ち着かせてバランスを取る"?

気分が高揚しているのに落ち着くわけがないでしょう。

潔い色選びは、素材違いを当て込むとしっくり。


お隣のゼブラちゃん、

どこがニットなの?と思いたくなるけど、

大きなリブ編みにフェイクファー。

アウターなのにプルオーバー。

(私たち、気が合いそうね)



ネイティブ柄のカーディガンは、裏返してみる。

表は表、裏は裏じゃなくて、表も裏、裏も表。

逆立ちしたときに世界が違って見えるでしょう?

ひっくり返してみて、まだ見ぬ表情と出会う。


まだ本格的な季節の訪れまでは長い。


こうして季節を感じた時に着て出かけてみる。

明日会う友人は何を着てるんだろうって思うから、

私にも同じ思いで会って欲しい。


目新しいものにときめきが止まらない。

とっておきのファッションで、実験を繰り返す。


明日は9月1日。


ちなみに東京の気温は22度なんだけど、

あなたは何を着て行く?



HAIGHT & ASHBURY
----------------------------------------------------
Twitter,Instagramにてアイテム、スタイリングご紹介しています。
Follow me!

Twitter @haight_tokyo
Instagram @haight_tokyo

----------------------------------------------------
通販や商品に関するお問い合わせはお電話またはメールにて承っております。
ご希望のお客様は必ずコチラをご一読ください。

Tel 03-5453-4690
E-Mail haight.info@gmail.com
----------------------------------------------------
Web http://haightandashbury.com


HAIGHT & ASHBURY