2017年8月29日火曜日

2017 Autumn/Winter Style 2(8/29)



日常に溢れたもの、

定番として存在する日常着。


スーツや制服の下のシャツ、スラックスや無地のスカート。

誰もが一度は着たことあるでしょう?



さあ、おしゃれをして出かけようとなった時に、

ありふれたアイテムをあなたは選ぶだろうか。


一目で心が踊るようなヴィンテージを楽しむファッションとは、

また相反する所に存在するもの。


ストライプ、チェック、モノトーン、アースカラー

時としてそのアイテムは見違えるような姿へと変身するはず。


着こなしが難しそうなハイスペックなアイテムと、

何の変哲もないアイテム。

はたしてどちらが難易度高いのか?


さあ、さじかげんで極限まであげてみせて。

その一手こそ、この秋のおしゃれの方法。


あなたならどうする?


まずはこちら。

まるでパパのシャツのような、

ぶかぶかで普遍的なチェック柄。

一見相反するスエードレザーのトップスとの重ね着で、

新しい化学反応を起こして。

こちらはカットソー素材のセットアップ。



やわらかくぽてっとしたもともとの形を

ベルトで変形させる。

女性らしさを覗かせるスタイルに。

小さなバッグもアクセサリー感覚で持ちたい。

首元にはフェザーのチョーカーでスパイスを。




こちらは、

お菓子の包み紙のようなストライプの変形シャツ。

中は深いグリーンのベルベットを差し込んで。

大げさなシルエットを黒でしっかり締める。

爽やかなストライプのシャツ、

同系色のベルベットのビスチェを重ねる。

くしゃっと変形しし、

一筋縄ではない雰囲気を醸す。





王道の黒のスラックスには、白のボウタイブラウス。

クラシックな組み合わせに、

リボンのついたメタリックのジレが個性を光らせる。

いたってシンプルなアイテム、カラーリング、

でもどこか違和感の残るスタイリング。


ありふれた日常着は、

ひとさじの工夫でどこまでも可能性を広げる。

さぁ、違った自分を求めて、

クローゼットに手を伸ばそう。

明日も13時より、

皆様のお越しをお待ちしております!

HAIGHT & ASHBURY
----------------------------------------------------
Twitter,Instagramにてアイテム、スタイリングご紹介しています。
Follow me!

Twitter @haight_tokyo
Instagram @haight_tokyo

----------------------------------------------------
通販や商品に関するお問い合わせはお電話またはメールにて承っております。
ご希望のお客様は必ずコチラをご一読ください。

Tel 03-5453-4690
E-Mail haight.info@gmail.com
----------------------------------------------------
Web http://haightandashbury.com


HAIGHT & ASHBURY