2017年12月17日日曜日



オヨさん、何やってんすか?

そんな声が漏れ聞こえなくもない。

行儀の悪い左足覗かせてドヤ顔で失礼します。


久しぶりの更新でとんでもないブ厚みになりそうなので、

まず先に大事なお知らせから!


彼女は上京してから3年くらい、ヘイトに通ってくれている

愛し愛くるしい、しばさきちゃん。


アソビシステムの『HARAJUKU KAWAII STYLE』にて、

彼女の連載ページで、私のインタビューが掲載されました。


嬉し恥ずかしい、でも恥ずかしいけどすごく嬉しいから、

絶対に見てね

↑架空請求サイトに飛びそうな字面

↑うっかりして押しちゃう方法ないかな?って考えた末この形

↑安心安全信頼守ります

↑騙されたと思ってくれてもいいのでクリックしてね



この連載のタイトルは『古着と人と、しばさきと』

しばさきが今まで触れ合ってきた古着屋の人に焦点を当てて、

インタビューする企画なんです。


いつかオヨさんにもお願いしたい!ってもう半年以上も前から話はしていました。
ただほっこりインタビューだと思っていたのですが、

作品撮りのようにしたいとのことだったので、

その場で私の服装のイメージに合わせて作りました。


(いつもと違うしばさきちゃんになったでしょう?)


インタビューを受けるなんて、なかなか経験ないので、

1の質問に対して原稿10枚分になるような答え方をしてしまったが故、

ライターの杉田さんが大変苦労して、

しばさきももちろんすごく苦労をして、

撮影してから少し時間が経ってしまいまいしたが、

彼女がとてもとても大切にしてきたページなんです。



私物も写させて欲しいとおっしゃっていたので、

ヴィクトリアンジャケットを10着と

アフガンドレスと、ルームシューズと、

とにかくスペシャルなお気に入りたちを

IKEA袋2つ分にして、詰め込んで持っていきました。

その中から選ばれしものはヴィクトリアンジャケット一つと、

ルームシューズのみですが、

クローゼットの中身を掻き出すように選んでいると、

君はいつからいるんだっけ?って会話をするような時間でした。


しばさきはほとんどヘイトのアンティークルームのアイテムで撮影。



昨日、ちょうど二人でみなさんの感想をみせあいっこして

感動していました。

改めて彼女の影響力や、背中を見ているファンの多さを感じました。


質問はすごく素朴な疑問だったと思うけど、

なんでか自分でそうやって考えてしていることとして

その場で認識することがほとんど。


服の選び方や、今この仕事がなんで好きなのか、

なんでヘイトなんだろう?って、

ひとつひとつを紐解くように、答えました。



まだこれが私100%完成だとは全く思っていないし、

世の中知らない事の方が多いので、

今後もどんなビッグバンが起きて変化するのかわからないし、

きっとこの世界にずっとワクワクしていたいと思っています。


今のスタイルとして、こうして人に興味を持って頂けた事は、

凄く嬉しいことでした。


何よりも彼女の言葉ひとつひとつが、愛情たっぷり。

私にとってかけがえのないページです。


もう一度念押しますが、読んだね?

感想お待ちしてます♡笑



普段はアンティークのブログがホームなので、

こちらで書くのはハロウィンブログ以来なんです。

その間にこんなニュースもありました。


一ヶ月前にはアメリカの買い付けに行かせて頂きました!


今回は弊社の番長、momoと二人です!

気合の解禁日だった11月25日。


その日までにインスタグラムとストーリーをフル活用させて頂き、


今までにないくらいの熱気と皆さんの期待を感じて、

終わった後の気持ちがふわっふわしていました。

初日に限らず、連日お越し頂きすごく嬉しかったです。


数億年ぶりのローズボールは、

初めて買い付けに行った頃の記憶がぐわっと湧き上がりました。

同じディーラーの方に会えてちょっと嬉しい。

フリーウェイから見える景色は絵になるよ。

こんなにでっかいプレゼントのディスプレイも!

アメリカで食は我慢しません。


アメリカンダイナーでストロベリーシェイク

(贅沢におかわりの分があるので、2杯分頂きました)


福岡の一幸舎

そしてmomo先輩のご厚意で、ごちそうになったお寿司。

ひとつひとつおまかせで握ってくれる美しい時間。

美味しい寿司を一貫ずつ堪能しました。


最後の晩餐は愛しのIN-OUT-BURGER


買い付けの話はアンティークのブログでも確か書いたはずなので、

簡単になりますが、


店頭に品物を並べる前に、

写真に納めて大事に更新しているアンティークブログ


自分の買い付けたものって一層に力が入り、

好きで買ったものばかりなので、

どうしてか手を離れる時に写真に残していないと、

何度もあっっっ!待って!!!っと思いながら、

旅立つ寸前に慌てて写真に納めることもありました。

毎日毎日、

お客様がときめいてくれた喜びを噛み締めていました。



実はまだ紹介しきれていない名品もあります。

エルザ・スキャパレリ、

美術館で見ていた大好きなブランド。

見ている世界を180度変えてくれるような

エンターテイナーが好き。


スキャパレリは私が尊敬するデザイナーの一人です。


最近の服。

60年代のニットコートに

JUNYA WATANABEのオーガンジースカート。

その昔クルミちゃんにもらったヴィヴィアンのソックスに

ウッドサンダル。

店頭ならノースリーブもイケてしまう。


この日は元JOEスタッフの小池が帰国。

れいにゃん、みなちゃん、文太と私のオアシスが出来上がった瞬間。


12月1日は文ちゃんの誕生日だったので、

Tシャツをプレゼントしました。


某古着屋で会計後に、洋服ラックの下に目をやると

小さくたたまれてあった服。

それを手に取ると迷いなく0.5秒で即決めして再びまた会計。

古着屋ってこういう事があるもんで楽しいよね。


翌日、とあるテレビの撮影があったのですが、

着てくれていた。嬉しい!
CYBER DOGって名の通り、ロンドンのサイバー系のブランド。

ご存知の(同世代の)方なら、懐かしいと思うはず。

私はこのブランドを中学生の頃から知っていますが、

今、彼が来てくれるとまた日本に風が吹くのではと期待してしまう。


最近では文ちゃん個人のお仕事や、

スタイリストでの雑誌のお仕事でお世話になる機会も増えました。

また追ってお知らせします。

いつもいつも、本当にありがとう!



前もってお客様がいらっしゃる事を聞くと、

私はわかりやすく気合が入りがちなんですが、

この日は納得がいかなくて着替えてしまいました。



ハーシーズ、Tシャツに次いで、スウェットゲットした

中にはヴィクトリアンのブラウス。



カメラフォルダを見返すと、

全然全身を撮り残していなかったんですが、

そういえば店頭に立たない日がとっても多かった。


伸び切った髪型が気に入らなかったから鏡を見るのも嫌で、

いてもたってもいられずセルフカットしてしまいました。



↑これはベスト・オブ自撮りなので、良く見える。

実際正面からは見るに耐える形なんです。

美容師の方、どうぞ店頭でアドバイスください。




12月頭、平野ノラが火を付けたお陰で世間はバブルブーム

バブリーな世界に飛び込んできました。






小室哲哉先生、逢いたさに駆けつけた私はただのミーハーです。

marc jacobsのパーティー、会場はなんと、

新宿歌舞伎町の老舗のホストクラブ、愛本店



慌てて向かうも、彼のDJ時間はあえなく終了。

私たちというにわかファンを置いて、

その場を去っていってしまった。


ちょうど今日、パーティーで偶然会ったお客様が

ヘイトに遊びに来てくれたので、

その時の様子を教えていただきました。


世代の方ならご理解いただけると思うのですが、

彼の生み出した数のサウンドは、

体に染み付いて離れません。

カラオケでは大変お世話になっています。




どこもかしこもギランギラン



知り合いもちらほらいたので、

小室先生がご不在であろうとも、存分楽しんでしまいました。


どこ切り取ってもなぜか、

渋谷のトランプルームにしか見えなかったのですが、

突然掛け声と共にとんでもない秘策が現れた。





"ようこそ!ようこそ!クラブ愛本店!

あ、ようこそ!ようこそ!

ご来店誠にありがとうございます!"



これがホストクラブだ



"ついじゃって〜ついじゃって〜

ついじゃって!"




人の欲望渦巻く夜の現場を目の当たりにした私。


ちなみにホストに、

素人らしく下世話な質問をしたので、

シャンパンタワーの金額が気になる方は直接私まで。


腰抜かしました。

本物のコールを浴びたシャンパンタワーの一泡、

美味しく頂きました。


せっかくの人生初のホストクラブだし、

来たからには私だってかっこつけた一枚が欲しい。

実は前日にクルミちゃんから頂いた50sのドレスでした。

TPOにふさわしすぎたました。

ゲスめなヒョウ柄のコートは数年前にヘイトで買いました。

毎年かわいいヒョウ柄を求めてるんですけど、

今年もヘイトであえなく買えず仕舞い!

お客様に満足していただければ、いいんです!!!!!



その空間たるや、もう二度と味わうことはないかもしれない。

と思うと、気になって仕方のな学びたいホストの仕事っぷり。

気配りと手さばきには大変感動しました。

グラスが空いたら注ぎに行くのは当然、

この日はパーティーなもんで、

席に人が座ればおしぼりをすかさず持ってくる。


それもまるで白いナプキンを折り畳むように、

あのパイル地のただのおしぼりが美しく三角を作る。



そして敷居の高さを感じさせない、

心地よく会話が出来る場の空気を作る。

ああプロの仕事だ。と身に染み込ませました。


大変良い社会経験でございました。




それでは息を整えて、後半へ。



もう少し遡ります。

大切な友人の結婚式に行ってきました。

DROP TOKYOの二人。

カメラマンのカズマは学生だった頃からの長い付き合い。

そしてまりやまさんは以前古着屋で働いていた頃からの友人ですが、

すっかり日々のカラオケ仲間です。


(おそらくブログに登場するのは初めてじゃないはず)

結婚式のこのお色直しドレスに合わせる為に、

アンティークルームでコサージュを選びに来てくれました。

iPhoneを最近新しくしてしまったので、

その時の写真を載せました。


久しぶりに会ったMappy親子、

そしてお隣に写る友人のねこみさんはヘイトのドレスで出席。

とっっても嬉しい!


最近では本も出版したばかりですが、

今月12月19日から25日まで


ついさっきフライヤーを持ってきてくれたので、

是非手にとってみてくださいね。

この日の私は、思いっきりめかしこみたい気持ちでしたが、

ヘイトで狙っていたドレスが、なんと5日前に売れてしまう緊急事態

それでも安心ヘイトアンドアシュバリー。

選択肢はいくらでもあります。


ロングドレスが気分だったので、花柄ロングにしました。

とんでもなく気に入っているので、店頭でも着てしまっていますが、

最近ドレスはパーティーだけじゃなくていいんだよって

お客様にも提案してきましたが、


この日は!という勝負服もまた、気分あがりますよね。

そんな服に出会えた時は着る日を大切にした方がいいかもしれませんね。


好きな曲も聞き込みすぎると慣れてしまった経験って、

誰しもあると思うのですが、

なかなか普段登場しない特別な日の為の服って、

その服を手に取るだけで、大切な記憶が蘇ったりするものです。



BOYのとみおくんは、今となっては系列店ではないけど、

スタイリストで付き合いがあるので、

DAOKOさんやあいみょんさんのPV衣装でヘイトの服を使ってくれています。


挙式に対する彼なりの気合は"ALBA ROSA"のショルダーにある。。

この日おろしたmiumiuのお財布。

長財布が入らなくて入れ替えたのがきっかけで、

なんとずっとViViの付録を使っていました。

使いすぎて小銭が漏れる自体に。

それを見兼ねたひとみちゃんに、

"オヨさんは、私たちに夢を与えてください"

と、ぴしゃり。


しかしもう次の展望があった私。

入荷を心待ちにしていたこの子をゲットしました。
私の手がでかいだけにリアルに伝わるはず。

コンパクトで金ぴかで、なんて優秀なのか。

ひとみちゃん、夢を感じていただけましたでしょうか?



最近嬉しい贈り物をいただきました。


初めて来てくれたお客様が、

ひとみちゃんと福田ちゃんに宛てた手紙。

私はお会いしていないのですが、

最後の一文に感激しました。

嬉しくて何度も何度も見返し読み返して幸せになりました。


お花屋さんの桃子ちゃんからドライフラワー。

ずっと前にお話した事を覚えててくれました。。

いつも遠方から来て下さるお客様から、

嬉しいお手紙も頂きました



インスタのストーリーで書いた読めない筆記体はさておき、

人の書いた文字って特別です。

ブログでも文字の温度が伝わればいいのにって時々思います。

本当にありがとうございます。


そして差し入れもありがとうございます!!!




ああ〜〜〜〜〜もうあなたたちって愛しかない!!!



そしてまだお会いした事のないお客様。

通販のメールでやり取りしたお客様や、

SNSのダイレクトメール、

優しくて温まる言葉に毎日励まされています。

同じようにお店で買い物をしている感覚で、

お客様の元に渡ったらいいなぁ。
2017年の一大ニュースはとん水の閉店かなぁ?

しかし下北住人の人の繋がりの根とは深いもので、

いつの間にか道で挨拶する方も増えました。

ひとみちゃんの写ルンです、とってもよい写真!


本当にありがとうございました。

働いて10年経ったヘイトアンドアシュバリーですが、

いつまでも変わらず来て下さるお客様も、

初めてお会いしたお客様も、

足を運んでくれた皆様のお陰で、

今年は新しい沢山の仲間に恵まれて幸せな一年でした。

お客様やヘイトクルーのみんなに

もう愛 愛 愛 愛 しかありません。



これからも愛下北沢店、、、

いや!違う!!!


ヘイトアンドアシュバリーを
どうぞよろしくお願いします!



Fin

オヨ